2018年シーズン グランドファイナル

#4 北田選手がポールトゥウィン!日本一奪還!

11月25日(日)、富士スピードウェイにてグランドファイナル(日本一決定戦)が行われました。
今大会のエントリー数は81台。内、ネッツ千葉からは6台がエントリー!
今回のレースで優勝すると来シーズン日本一の称号ゼッケン1番をつけることができます。
関東シリーズでは惜しくもシリーズチャンピオンを逃した#4 北田選手。
悔しい気持ちを力に日本一奪還を目指します!!

エントリーリストはこちら

今回は各シリーズの上位選手がシード選手となり、シード権を獲得していない車両同士で決勝進出を賭け、予備予選(予選の予選)が行われます。
A・B組に分かれてタイムアタックを行い、63台中36台(内5台CVT車両)が予選へ進めます。
#4 北田選手はシード権を獲得しているのでネッツ千葉からは5台が出場しました!

予備予選結果がこちら↓↓↓

・#74 松本選手 A組7位
・#88 長谷川選手 B組12位
・#49 仲村選手 A組18位(CVT 2位)
・#48 滝沢選手 B組24位
・#90 野村選手 B組28位

リザルトはこちら


惜しくも#48 滝沢選手と#90 野村選手が予備予選落ちとなりました。
さすが日本一決定戦。予選に上がるのも厳しい戦いです(×o×)

次に予選が行われ、#4 北田選手含め4台が出場しました!

予選結果がこちら↓↓↓

・#4 北田選手   1位
・#74 松本選手  14位
・#88 長谷川選手 29位
・#49 仲村選手  53位(CVT 4位)

リザルトはこちら


#4 北田選手がポールポジションを獲得!

~コラム~
決勝レース前日に年間シリーズの表彰式が行われました!


なんと本人もびっくり!#49 仲村選手が「ルーキー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞!
最後は参加者全員で集合写真撮影(^-^)-☆パシャリ

決勝レースは54台(内5台CVT車両)で行われました。


~ゴール動画~


#4 北田選手は2位の車両に3秒も差をつけてぶっちぎり優勝!
序盤からほぼ独走していた為、モニターにも映らない。
車載を観ても何もいない綺麗なサーキット風景。
ということで今回は#74 松本選手をピックアップ!
車載カメラの写真で解説しちゃいます(`・ω・)o


序盤に集団を走行していた#74 松本選手、激しい戦いが繰り広げられます!


#74 松本選手の目の前でもこんな戦いが…一瞬も気が抜けない状況です。。。
(車内からはこんな風に見えているんですね…)゚○。(´-`)
その後、順位変動も落ち着き、このまま逃げ切るかなと思いきや…


まさかの最終ラップ、松本選手が前で最終コーナーを立ち上がりましたがストレートで並ばれ、コントロールライン直前で抜かれた!
結果、松本選手は10位でゴール。
この後、#74 松本選手はハンドルを叩きながら絶叫していました…笑


外から見るとこんな感じ。
#74 松本選手の大騒ぎシーンを観たい方は、ぜひご来店された際に店長の松本へお声かけ下さい!
大丈夫です、動画を観ても重い空気にはなりません。きっと。笑


#49 仲村選手がCVTクラスで初の3位表彰台!
ちょっと緊張気味の#49 仲村選手ですが、とても嬉しそうでした(*^^*)


そして日本一を奪還した#4 北田選手!


他の選手たちもシャンパンをかけて北田選手を祝福?(笑)してくれました♪
(おかげさまでクリーニングに出すのにべたべたで大変でしたよ…)゚○。(´-`)

今大会で今シーズンのレースが終了となります。
1年間、ご声援ありがとうございました!
来シーズンはゼッケン1番をつけてレースに挑みますので、引き続きネッツ千葉シュポルトレーシングチームの応援をよろしくお願いします!

facebook